ホンダマレーシア、累計出荷台数が60万台に

hondalogo.png

3月30日、ホンダマレーシアは累計出荷台数が60万台となったことを発表。また、2週間前の3月17日には、2008年から販売されているBセグメントセダン「シティ」の累計出荷台数が、25万台となったことが発表されている。これらの数字から、実に全出荷台数の24%が「シティ」という構成になっている程、マレーシアでこの車種の人気は高い。私自身、初代シティの購入者であり、プロトン車との比較で燃費性能に優れていた記憶がある。



年間の出荷台数でも、2000年代はいつもトヨタに次ぐ4位の販売台数であったが、ここ数年は販売が好調、2016年は非国民車としてはトヨタを抜いて1位の座に、全体でも2位に上昇している。2016年の市場シェアを見ると、プロドゥアは相変わらず30%超の市場シェアを確保している一方、ホンダが15.8%、プロトン12.5%、トヨタ11.0%となっている。

Honda_2016_01.png

次に販売台数を見ていくと、2012年の年間販売台数は35万台程度であったのが、今は90万台超と約2.6倍以上の数字。逆に、2012年は140万台の販売数量を誇っていたプロトンだが、2016年には72万台と約半分に激減しているのが特徴となっている。

Honda_2016_02.png

以前であれば、価格優位であったプロトンが外国メーカーに対してアドバンテージを有していたが、国民所得の増加と共に生活に余裕ができてきたことから、価格以外の要素が重視される傾向にあるのだろう。例えば、JDパワーの品質評価や顧客満足度評価において、ホンダは常に上位に位置していたが、プロトンは最下位が定位置となっていた。国民所得が低い時であれば、安かろう悪かろうでも売れる時期であったろうが、今はもっと広い視野から消費者は商品を選ぶことができる。価格だけでなく、エンジン性能であったりデザイン、燃費性能、ブランド力、保守費用など、総合的に判断することが可能であろう。

元々、マレーシア人は商品選びにはかなり慎重であり、価格に対してシビアな国民性である。ただ、豊かさと共にこうした嗜好に変化が生じていることは感じる。オンラインショッピングでも、以前は価格優位性が最も人気の理由であったが、現在は利便性に対するプライオリティが高まっているという調査報告が出ている。

プロトンは、こうした変化に対応することができず、従来の枠組みの中でしか戦略を考えることができなかったのだろう。本来であれば、高い市場シェアの時にこそ、製品開発でイノベーションを進め、問題点の改善を行うべきであった。しかし、プロトンは初期不良に対する改善、或いはアフターサービスの改善を疎かにしてきた印象が強い。それは第一国民車としての奢りであっただろうし、いざとなれば連邦政府が手を差し伸べてくれるといった甘えがあったのだろう。国際的な自動車メーカーと戦略的提携の話も進んでいるが、昨年は5社がショートリストに入っていると噂されていたものの、実際に意思表示をしたのは中国の吉利汽車とPSAだけ。更に最有力とされていた吉利汽車についても、プロトンとの提携に対して最近はかなりトーンダウンしている。新聞記事では、海外メーカーが東南アジアで販路を築く上で、プロトンのネットワーク基盤はアドバンテージとして働くとしているが、マレーシア以外でプロトンの販売力はそれ程高くないし、自社のブランド力でゼロから築いた方が効率性が高いと思われる。

更に、ホンダは2016年に新型4車種投入することを発表しており、攻めの姿勢が見える。BR-Vと新型シティは既に第1四半期中にリリースされたので、あと2車種リリースされる予定。また、トヨタも新型4車種をリリースすると発表しており、非国民車首位に返り咲くこと狙っている。

マレーシアは、国民生活において自動車の位置付けがまだまだ高く、更なる成長が期待できる市場である。若い世代においても、自動車はステータスシンボルであるし、購入後も改造などで巨額の費用を投じる消費者が多い。こうした成長市場において、プロドゥアやホンダ、トヨタはかなりアグレッシブに事業を展開しており、今後、市場をどのように牽引していくのか楽しみでもある。
スポンサーサイト
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top