AFAM、RFIDの利活用をボイコット

マレーシア税関がRFIDによるコンテナトラッキングシステム『secured trade system』を9月1日から開始することが発表されていたが、Air freight Forwarders of Malaysia (AFAM)はそのシステムの使用をボイコットすることを決定。

本システムは、マレーシア税関とマレーシア通信マルチメディア委員会、そしてRFIDソリューション企業のSmartag solutionsが進めていた案件。随分前から国内で実証試験を展開してきていたが、商用化前に大きな問題にぶつかることになった。

このマレーシア通信マルチメディア委員会とSmartag社の連携は、この他にもRFIDによる燕の巣管理を計画しているが、国内では多くの事業者や団体から反対されている。この2つの案件は、いずれもマレーシア政府の進めるETP案件とされているが、暗礁に乗り上げた形となっている。あと別の企業の案件として、数年前には鮮魚を入れるトレーにRFID技術を適用することが決定されていたが、漁業団体から大きな反発を受け、大きな問題となったこともある。この時は、誰がRFID付トレーの費用を負担すべきかが問題視されていた。自動車のライセンスプレートについても、RFIDによる自動認識が計画として挙がっていたが、これもライセンスプレートを作製する事業者から反対され、結局中止となっている。

今回のボイコットについては、国内300の事業者がRM2,000のデポジットをSmartag社に支払う必要があり、総額でRM600万もの費用が発生する点が挙げられている。また、一方的な契約内容についても事業者は憤慨しており、Smartag社が傲慢であるとの意見も出ている。

私自身、最近までRFID業界働いていたこともあり、マレーシア通信マルチメディア委員会とSmartag社の連携に関してはよく耳にしていた。マレーシアでは、多くのプロジェクトが政治力主導で進められており、特にRFID技術のように欧米諸国に比べて普及の遅れている分野においては、どうしても政府系案件に集中してしまう。実際、MyKadやパスポート、Touch’n goなどは政治力で実導入が行われてきた。そうした意味においては、Smartag社はきちんと市場を理解しており、最も成功の確率が高い方法を採ってきたといえるし、短期間でRFIDソリューションの主要プレーヤーにまで至ることができた点は凄いと思う。技術的にも、自社開発のEPCISを持っている点なども評価できるだろう。

しかしながら、実証試験を通じて業界内でのコンセンサスを取りながら、商用化へ移行するというプロセスで今回はつまずいてしまったように感じる。実際、RFIDシステムはだれが費用負担を行うのかと言う点でいつも議論されてきたし、民間企業の多くは導入コストや運営費用の面からどうしても二の足を踏んでしまう傾向にある。特にマレーシアの場合、外国人労働者の雇用によって人件費がかなり安価となっている。RFIDによるセキュリティー性や効率性というアピールだけでは、なかなかROIを見出すことができていない。マレーシアに適したビジネスモデルを考える必要があるのだろうが、まだ解は出ていない。

こうして見ると、マレーシアと言う国はRFID技術の適用が困難な市場であると言える。政府自身は、新しい技術や先端技術の導入に積極的なものの、民間市場が対象となると事情が異なる。私自身、マレーシア国内で多くのRFIDプロジェクトを推進してきたが、民間市場ではほとんど実績を残せていない。やはり、市場が立ち上がるまでは、政府予算で政府系案件を進めるべきなのだろう。

スポンサーサイト

Smartagの方とは以前に仕事でご一緒する機会があり、RFIDコンテナシールについても(直接この案件ではありませんが)お話をしたことがありました。

RFIDはハイテク主導に見えてじつは業務の厚みが無いと全然広がらない技術なので、政府主導で利用を民間に下ろしていこうという話は先進国でもどこも苦労していますよね。

私も担当職務が代わりSmartagの方とのコンタクトも途絶えてしまいましたが、上手くやっていればいいなと思います。
by: Koi * 2012/09/08 10:45 * URL [ 編集] | TOP↑
Re: タイトルなし
Koiさん、コメント有難うございます。めったにコメントがないので、1ヶ月もの間、まったく気づきませんでした。

Smartag、マレーシアではRFIDソリューション企業として最大手の位置づけになっており、今後が期待されています。とはいえ、マレーシアのRFID産業はかなり規模が小さく、認知度も低いので苦労が多いですが。
by: むらこそ * 2012/10/04 18:46 * URL [ 編集] | TOP↑
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top