マレーシア経済成長、2012年第4四半期6.4%、通年で5.6%

bnm_logo.jpg

2月19日、マレーシア中央銀行より2012年第4四半期のGDP成長率を発表(Economic and Financial Developments in the Malaysian Economy in the Fourth Quarter of 2012)

まず全体しては、第4四半期は大方の予想を上回る6.4%の成長を記録。推移を見ても、2010年以降は安定した成長を記録していることが分かる。発表資料では、世界経済減速によって輸出が減少しているものの、国内需要と民間消費が高い伸びを示したことが説明されている。

[マレーシアGDP成長率推移]
Malaysia_GDP_2012Q4_1.png

Malaysia_GDP_2012Q4_3.png

Malaysia_GDP_2012Q4_2.png


また、第4四半期では全分野においてプラス成長を記録、特に建設業は年間を通して2桁成長となっている。多分、建設業の高い成長は経済改革プログラムでのインフラ整備や住宅建設によって当面続くだろう。

また、サービス業も安定した経済成長を続けており、マレーシア経済を牽引している。年間で見ても、2010年は7.2%、2011年7.0%、2012年6.4%と安定している。現在、サービス業はGDPの56%に寄与しているが、国際貿易産業省は2015年には70%にまで上昇すると見通している。過去には製造業がマレーシア経済の牽引役を果たしていたが、その構図が変わってきている。

その製造業だが、前期の3.3%から5.8%に改善されたものの、今後も厳しい局面が予想されている。中でも、2012年通年の最大の輸出相手先である中国の景気減速が懸念材料と言えるだろう。

[実質値(RM 10億)]
Malaysia_GDP_2012Q4_5.png

周辺諸国のGDP成長率を見てもその傾向は顕著であり、シンガポールと中国の景気減速が際立っている。そうした背景もあり、マレーシア経済は内需拡大による経済成長を見据えており、中央銀行は2013年の経済成長率を4.5~5.5%と予想している。因みに、Ernst & Youngは4.3%、JPモルガン証券4.5%、世界銀行5.1%の予想となっている。


[東南アジア+中国のGDP成長率比較]
Malaysia_GDP_2012Q4_4.png

[主要機関によるマレーシアGDP成長率見通し]
Malaysia_GDP_2012Q4_6.png



スポンサーサイト

マレーシア-シンガポール、高速鉄道整備で合意

Singapore_malaysia_Flag_400.jpg

2月19日、マレーシアとシンガポールは両国間の首都を結ぶ高速鉄道計画で合意したことを発表。2020年までに建設することを目指し、350kmを90分で移動することができるという。以前にも、マレーシアのYTLグループがマレーシア-シンガポール間の高速鉄道を整備する計画が噂されるなどしたが、今回は両国政府が正式にコミットメントしたことで、実現性はかなり高まったと言える。





これまで、クアラルンプールとシンガポールの移動は航空機かバス、鉄道、或いは乗用車が一般的であった。ただ、どれも移動にかなりの時間を要しており、鉄道だと8時間、自動車で5時間もの時間を費やすことになる。航空機だと空港間は45分と短時間だが、空港までの移動や待ち時間を考えるととても効率的とは言いがたい。あと、夜行バスで移動する方法もあるが、乗っているだけでもかなり疲れてしまう。そのため、結局は短時間の打ち合わせでさえ現地に宿泊することになり、距離的には東京-名古屋間程度だのだが、感覚的にもっと遠い印象がある。

とは言え、両国におけるビジネスのつながりは強く、輸出入や直接投資において重要な関係にある。例えば2011年のマレーシアの統計を見ると、輸出額だと対シンガポールはRM881億6,070万、輸入額RM735億1,510万と、いずれも中国に次ぐ規模となっている。対内直接投資においても、シンガポールはRM24億7,770万とアセアン域内で最大。次にシンガポールの統計を見ると、輸出入額共にマレーシアが最大の取引先となっており、その結びつきの強さが際立っている。

両国の首都が高速鉄道によって結ばれることで享受できる経済効果が巨額なことは、容易に想像できる。ビジネスでは日帰り出張も可能になるであろうし、それによって人の移動が活発化し、両国の経済的結びつきはより強化されることになる。また、観光での人の移動も拡大することが期待できる。

マレーシア国内において、これまでは公共交通網が十分に整備されておらず、自動車での移動に依存していたことから、都市圏の渋滞は酷いものがあった。実際、国民所得は順調に伸張し、自動車販売台数も年間60万台を超える規模となり、更に拡大を続けている。しかし、自動車が増えることで環境負荷は増大し、渋滞による経済損失も無視できなくなっている。

こうした背景もあって、マレーシア政府においては鉄道網を中心とした公共交通機関の抜本的な見直しが行われている。特に注目されているが経済改革プログラムにて進められているMRTプロジェクトで、KL市内の交通渋滞解消が期待されている。マレーシアは日本のように優れた公共交通網が整備されている訳ではないが、それでも2020年に向けて改善が進められているし、鉄道網の整備が重点化されている印象が強い。

高速鉄道網に関しては、今後、日本や中国、ドイツなどの鉄道会社が候補として挙げられるだろうが、個人的にはやはり日本の新幹線採用。昨年に政府レベルで新幹線システムの採用を働きかけていることもあり、個人的にはかなり期待しているが。






| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top