FEC社でのイベント・PR戦略実績

PCのデータを整理していたら、前の会社の懐かしい写真データなどが出てきました。イベントやPR戦略関連は結構面白い資料や写真が残っていたので、ちょっとプレゼン形式で纏めて見ました。



ウェブページの方も、『FECのイベント・PR戦略実績』のタイトルで更新しました。

スポンサーサイト

日本企業のマレーシア進出支援で感じたこと

長期に渡ってマレーシアで仕事をしてきたこともあり、日本企業向けにマレーシアの市場調査や事業支援を行っています。マレーシアは事業を行うにおいて安定していること、そして高所得国家を目指した政策によって著しい成長途上にあることなど、多くの要因によって注目されています。

確かに、マレーシアには日本企業が多く進出していることもあり、現地の日本流のビジネス慣習に対する理解は高く、信頼もされています。日本企業とのビジネスは概ね歓迎されますし、政府も民間も高いプライオリティーで対応してくれます。

それでも、現地の企業にとって日本企業の鈍重な動きに対して、結構批判がの声が聞かれます。特に、私自身が感じるのは、欧米や韓国、中国などの企業は、『構える』、『撃つ』、『狙う』というプロセスで事業展開を行っているのに対し、日本企業は旧来の『構える』、『狙う』、『撃つ』のプロセスを重視しているため、判断力の遅さや慎重すぎる姿勢に対して違和感を感じることが多々あります。

リスクの最小化という意味では、日本企業のやり方は優れていると言えますが、事業機会の損失などの弊害を招くこともあります。何より、一緒に仕事をしようとする現地企業に混乱が生じ、徐々に離れていくことさえあります。また、全てのピースが揃わなければ事業判断ができないというのも、日本企業の特徴だと感じます。

例えば統計情報一つとっても、日本では様々な統計が政府機関や協会、或いは民間から開示されていますが、マレーシアではそのようなデータが作成されていることが稀であり、存在してもあくまで参考資料程度の信頼性しかありません。そのため、日本ではこのような情報が出ているのに、なぜマレーシアには存在しないのかという話になり、この説明だけでかなり時間を費やすことになります。統計情報が存在しないことを証明することさえ求められることがあります。本来の目的に及ぼす影響がかなり低い場合でも、重箱の隅に固執し、それがなければ全体のパズルが完成しないので満足できないという印象がします。

また、政府ガイドラインや規制、各種申請についても、日本やシンガポールではワンストップ窓口でA to Zの情報を容易に取得できますが、マレーシアだといくつもの機関が複雑に関与しており、相互に連携していないこともあり、事前に全てを把握することが困難となっています。さらに、こうした情報の取り寄せさえ、ウェブページで開示されていない、政府機関に電話を掛けても誰も出ない、メールを出しても返信がないというのが当たり前に起こり、結局は担当機関にまで出向くことが求められます。更に、政府資料は英語よりマレー語の方が多いので、ここでも苦労することに。こうした事情に対してフラストレーションを感じるのは日本人だけでなく、隣国のシンガポール人からもよく耳にします。

こうした事情もあり、マレーシアでの事業においては100%の情報を求めず、70%~80%程度の情報で事業を判断することが必要とされるでしょう。更に、リスクヘッジのためにもまずは小規模な内容から事業を開始し、実際のビジネス活動でどのようなことか発生し、どのようにして対応するのか、費用はどのくらい掛かるのかなどを実際の経験から把握した上で、本事業の判断を行うべきと思います。日本以外の企業の場合だと、パズルのピースが揃わなくても、ある程度の輪郭が確認できればそこで判断や決定を行っているように感じます。

マレーシアは『Doing Business』で世界6位であったり、世界経済フォーラムの『国際競争力ランキング』が世界24位と上位に位置していることからも、期待値が高いと思われます。ただ、マレーシアはまだ発展途上国であり、ビジネス効率や合理性、情報開示など多くの部分において日本とかなり異なる環境と言えますし、日本と同じことを求めるのは無理があると理解する必要があるでしょう。

とは言え、これらはあくまで私個人の経験からの見解ですので、こうしたやり方が当てはまらないケースも多々あると思います。また、日本企業が世界的にも優秀なのは疑いの余地のないところですし、マレーシアのビジネス慣習を尊重しながら、日本企業がその高い能力を現地で発揮することを期待しています。

以上、今日は私が日本企業向けにマレーシアの市場調査や事業支援した経験から感じたことを書いてみました。ご参考になればと。

フォトアルバムの変更

PICASA_LOGO.gif

マレーシアで撮影した写真のアップロード先を、FlickrからPicasaへ変更しました。Flickrの無料ユーザーだと200枚しか閲覧できないこともあり、無制限のPicasaを使用することにしました。

JAMATECH SDN BHD

jamatech_logo_icon.png

先々月、パートナーとマレーシア現地法人『JAMATECH SDN BHD』を設立、先日ウェブページの公開に至りました。ウェブアドレスは、wwww.jamatech.com.myです。RFIDと水質浄化において、ソリューションを提供する会社です。ベンチャー企業ですが、グローバルな企業となれるよう日々努力しています。

JAMATECH_WEB.png


2012年のマレーシアを振り返って

2012年、マレーシア国内でもいろんな出来事がありました。良いこと、悪いこと、嬉しいこと、悲しいこと、そして世界的な話題等々。全体的には、マレーシアの勢いを感じることのできる年であったと思います。

以下のスライドでは、たくさんの出来事の中から、私が個人的に印象に残った出来事をランキング形式でまとめてみました。






| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top